商品名1

会社から取引先に資料や案内を送ったり、顧客にカタログや案内を送ったりする際に利用するのがいわゆるビジネス封筒ですが、この封筒は、会社の印象を左右するものでもあります。

各企業によってそのデザインは個性的です。
シンプルなものは、封筒の下に住所と会社名などを印字しただけだったり、凝ったものであれば色々なメッセージを添えてあるものも。

しかし、最近は印字したものだけではなく、実際に人の手であて名やメッセージが書かれたものが増えてきているようです。
あまりに汚い字は問題ですが、基本的に手書きの方が、印刷されたものがあふれる現代では好印象だと言われています。

そのため、送り先である会社名などは印刷にしても、あて名は手書きという所も増えているようです。
私が過去在籍した派遣会社でも、取引先には事務員が手書きであて名を書き、送付していました。

最近はビジネス封筒のあて名書きを請けます、といる会社もあるようです。
通信講座でも、賞状作成というものがあるようですから、毛筆できれいに字が書けるというのは、現代では収入につながるのかもしれません。

私が参考にしたサイト様では、例えば住所、会社名、相手の氏名を書くと200円弱ということでした。

高級クラブのホステスさんは、お礼もメールではなく、手紙で出すと言います。
やはり手書きの美しい文字と言うのはビジネスでもプライベートでも温かみを感じられる素晴らしいツールになるのでしょう。

これからはビジネス封筒のあて名は手書きしてみる方がよいかもしれません。